駅別おすすめ英会話教室【東京近郊】

英会話教室を探す時の決定打となるのが、どの駅の教室を利用するか。そのエリアの特徴に合った、通いやすいおすすめを紹介します。駅別に3校ピックアップし、その地域にある校舎の良さや口コミを調査しました。
お気に入りのエリアから行きたい学校を探してみてください。

路線から探す

~Search By Train Line~

駅別おすすめ英会話スクール

各駅の特徴

~Characteristics of the region~

新宿駅周辺の特徴

新宿駅周辺

新宿駅は5社の路線が乗り入れる都内主要駅。世界で最も多くの人が行きかう駅で、国籍・年齢を問わず、様々な人が集まり、活気にあふれた大都会。

外国人住民登録者数は、東京ナンバー1。外国人観光客も増加しており、駅周辺では道を聞かれることも多くなってきている。 バスターミナルが改装整備された東・南エリアには、観光客やショッピングする人が集まり、高島屋タイムズスクエアや新宿ルミネなどが大勢の人で賑わいを見せるエリア。西エリアは、高層ビルが立ち並ぶビジネス街。英会話を検討している人の中にも、毎日の仕事や、乗換駅として利用しているビジネスパーソンも多いはず。
このエリアで英会話を習うメリットや、ビジネスパーソンにおすすめできる教室をまとめてご紹介。

池袋駅周辺の特徴

池袋駅周辺

1日当たりの駅利用者数は250万人を超える都内主要ターミナル駅。迷路のような駅構内を抜けて、サンシャインシティのある東口は女性でも行きやすい雰囲気になっている。池袋駅は、正直これまで治安が良くないイメージがあったものの、数年前から関東で住みたい街上位にランクインするなど、街のイメージが変わりつつある。日中はこれまで通りサンシャインシティに向かう家族連れや、POPカルチャーを楽しむ若者が大勢訪れるのは変わらぬ風景。駅ビルのルミネやPARCOだけでなく、ショッピングスポットが新設されたため、若い女性も来やすい駅になった。近頃は、池袋独特の雰囲気を逆手に取ったオシャレな隠れスポットが増えてきている様子。
学校帰りや仕事帰りの夜の時間帯でも、治安を気にせず通いやすい東口でおすすめのスクールを紹介。

銀座駅・有楽町駅周辺の特徴

銀座駅・有楽町駅周辺

銀座駅・有楽町駅周辺エリアは、日本の歴史と文化を体感できる街と言われ、外国人観光客にも人気。そのため空港への直行バス発着地点にもなっていてアクセスも良い。大手の商社や外資系の企業のオフィスが集まるエリアで、ビジネス英語が会社で必須になった人も多そうだ。この地域で働く人は英会話の必要性をより身近に感じているかも。
このエリアは、週末歩行者天国になる銀座通りでショッピングが楽しめるのが魅力。有楽町、銀座、新橋、築地など駅間が近く、電車に乗るよりも徒歩やタクシーで移動する人も多い。その特徴からか、駅に関係なく英会話教室も多く点在している。
この地域で学ぶなら、実用的な英会話が学べて、自分の時間を充実させたい所。ここでは、忙しい中でも継続できるようなおすすめスクールを紹介する。

渋谷駅周辺の特徴

渋谷駅周辺

実は、世界の乗降客数第2位の都内主要ターミナル駅。渋谷駅と言えば若者の街と呼ばれ、スクランブル交差点は世界でも有名な日本の観光スポットとなっている。ファッションの発祥地にもなるなど世界中に発信する力がある活気ある街。美術館、ミニシアター、ライブハウス、クラブなどがあり、芸術や音楽などが好きな人には特におすすめのエリア。100年に一度といわれる渋谷駅の大規模な再開発後には、交通アクセスはもっと便利に!賑やかさは変わらず、変化し続ける街として、若者から大人まで楽しめる街だ。
楽しいもの、新しいものが好きな人が集うこのエリアで、交流できるイベントなどが楽しめるスクールを紹介。

品川駅周辺の特徴

品川駅周辺

1日当たりの乗降客数が多い都内主要ターミナル駅の一つ。山手線や東海道新幹線など6つの線が乗り入れる利便性の高い駅。企業の本社が多いビジネス街のイメージもありながら、乗換駅のため駅中にはアトレ品川・エキュート品川などの時間を潰せる商業施設が充実している。高輪口は、話題の水族館などがある華やかなエリア。港南口はオフィスも多いけれど、その分電源Wi-Fiのある便利なカフェも見つけやすい。数は少ない英会話教室は、こちら側に集中して出店している。客層が良く、静かに落ち着いて自主学習に利用できるお店も多いのもポイントが高い。
この駅エリアに通勤しているビジネスパーソンにとって便利な、仕事と両立できるスクールをおすすめ順に紹介。

横浜駅周辺の特徴

横浜駅周辺

首都圏乗降客数では、新宿、池袋、渋谷に続く4番目に多い駅。みなとみらい地区など、神奈川を代表する地域への玄関口となっている。
今後、細い路地が入り組んだ下町的な要素が残る地域も残す駅周辺エリアをはじめ、鶴屋超地区やみなとみらいへ続く平沼地区などの全エリアで大きな再開発の計画もある注目の駅。
今は、西口からザ・ダイヤモンド地下街に行くために一度地上に出る必要があったり、東口からポルタ地下街へは階段を下りなければないが、開発後はインフラの改善が期待できる。
地上を歩くには不便なため、横浜駅は地下街が発展し、多くの人が地下道を利用。目的地への時間短縮や、雨に濡れずに移動ができるスクールを利便性を踏まえて紹介。