ユニークなオンライン英会話3選

オンライン英会話は、ネット環境の充実と並行し、そのサービス品質も格段に向上しています。リモートでの対面という制約の中で、最大限の成果をあげる工夫を盛り込んだ独自サービスも続々登場しています。ここでは、オリジナリティあふれる3つのユニークなオンライン英会話を紹介します。

イングリッシュセントラル

~EnglishCentral~

このサービスの特長はなんといっても、“無料”ということです。見る、学ぶ、話すの3軸で英会話習得を目指す同サービスは、豊富な動画ラインナップを揃え、その中に出てくる単語の反復練習を可能にする機能があり、さらに発音を判定する機能を備えています。

イングリッシュセントラルの画像

学習イメージは、10,000本以上の提供動画からレベルに合わせて興味あるものを選択し、それを鑑賞。教科書とは違う、生きた英会話を視聴することで、能動的な学習を後押しします。ここまでなら洋画鑑賞でも代替できそうですが、提供動画は単語の穴埋め問題があり、しっかりとボキャブラリー増につなげられます。最後は、動画に出てきたフレーズを発音し、独自の音声認識システムで採点。オンラインながら、着実に英語力アップができるシステムが備わっています。

無料で使えるのは、見て、学ぶところまで。話すプラスαのサービスは有料になります。そこが、同サービスが“無料”でやっていけるカラクリです。有料サービスでは、音声認識の他、スケジュール管理、さらにマンツーマンレッスンなどが用意され、無料パートで習得したスキルを磨き上げることが可能となっています。無料部分はいわば、お試しパートといえるかもしれません。それでも英会話学習には十分使えますから、オンライン英会話の手始めにトライしてみてはいかがでしょうか。

イングリッシュライブ

~English Live~

イングリッシュライブは、限りなく英会話教室に近い学習環境を整備したオンライン英会話スクールといえます。まず講師全員がアメリカ・イギリスなどの英語圏出身ネイティブ。そして、マンツーマンレッスン、グループレッスンも揃っています。さらにビジネス英会話や職業別のカリキュラムも用意されています。ともすれば、シンプルになりがちなオンライン英会話ですが、手厚いサービスで、多様なニーズに対応しています。

イングリッシュライブの画像

風格さえある同サービスは、実は50年以上に渡る語学業界での実績を誇り、116か国に展開。ベースがしっかりしているのです。そうしたこともあり、大手企業での導入実績が豊富で、オリンピックともパートナー契約を締結しています。こうした信頼性の上に、オンラインの良さを活かしたデジタル教材を採用し、定額制で6,900円という良心的な価格を実現しており、とにかく安心して使えるオンライン英会話を探しているなら、確実におすすめできるスクールです。

ベストティーチャー

~Best Teacher~

このサービスの最大の特長は、まず自分の話したいことを書くことから始めることです。通常、英会話はテキストに沿うか、講師の提案に乗って、会話を始めるケースが多いと思います。それがダメではないにしても、あまり現実ではないような状況設定の会話が続くと、その場はなんとかこなせても、すぐに忘れてしまうということも少なくありません。

ベストティーチャーの画像

そこで、同サービスでは、自分の話したいことを100個英語でライティングするところから学習がスタートします。

自分が話したいことが学習の軸ですから、自ずと能動的になります。分からなくても、積極的に質問したり、聞き取ろうと努力します。それによって、同校での習熟度は、倍増するといいます。書いたものがあることで、講師の指導ポイントも明確になり、講座の質も自ずと高まります。

オンライン英会話は、マンツーマンという点はいいのですが、しぐさや身振りがみえないため、微妙な雰囲気が伝わらず、意志疎通がうまくいかないケースが多くなりがちです。私自身はまさにそれがボトルネックとなり、不完全燃焼でオンライン英会話を終えた苦い経験があります。そうしたありがちな挫折要因を踏まえた上での“オーダーメイドテキスト”なので、同校での満足度はかなり高いものになっているようです。ベストティーチャーというのは、受講生主導のレッスンになるという意味で絶妙なネーミングといえるかもしれません。

進化を続けるオンライン英会話

~Evolving online English conversation~

上記のように、オンライン英会話はその内容を充実させ、出来るだけコストを抑えながら進化を続け、拡大しています。職場でのテレワークが普及しているように、英会話学習もオンラインが珍しくなくなるのは時間の問題かもしれません。どんなにオンライン英会話が普及しても、リアルな英会話教室の学習でなければ吸収できない要素はあるものの、英会話学習をする選択肢のひとつとして、オンライン英会話がその存在感を高めているのは間違いのない事実ではあると思います。