英会話学習で挫折しないために

英会話学習で挫折を繰り返したメンバーが立ち上げた英会話難民お助け隊。英会話学習者が常に向き合ってきた課題は、つまずきを乗り越えて継続させること。ここでは、挫折のあれこれを探求し、英会話学習者が知っておくべき予備知識や心得を紹介していきます。

英会話学習者が挫折しないために知っておくべき予備知識

~setbacks~

なぜ挫折するのか。原因トップ3

ここでは挫折原因TOP3を辛口解説してきます!今回掲載した挫折原因TOP3は、正直、個人の学習環境を改善するしか方法は無いかも知れませんが、人はこんなことで挫折するというのが分かるデータになっています。解決策も併せて紹介していきます。

続きを見る

体験談から学ぶ挫折しない学習法

学習方法との不一致(独学の教材、オンライン、教室など)の挫折体験談を多数掲載。「学習手段の種類と特徴を知る」ことがとても重要な鍵になってきます。その上で、自己分析し自分に合った学習法を探すことが重要です。

続きを見る

挫折せずに継続させるための心得

ここでは、継続するために実践できることをお伝えしていきます。意識一つで継続率はグンと上がるものです。明日から取り入れられる心得を知っておきましょう。

続きを見る

もしかして挫折寸前? 学習のつまずきを知らせる3つのシグナル

つまずきをなかったことにしたいと思ったり、その現実から逃げてしまったりすると、どうなってしまうのでしょうか。

  • 前と同じレベルから始めても身につきにくいと感じる。
    (考えられる理由:放棄したことで、これまでの学習基盤が弱くなってしまった。)
  • かけた時間に対して、上達が見込めない。
    (考えられる理由:挫折を繰り返す癖がつき、つまずきに対する問題意識が薄れている可能性アリ。)
  • 何となく英語を敬遠して過ごすようになった。
    (考えられる理由:英語に対する苦手意識が根付いているかも。)

失敗の記憶によってそれがトラウマになる人もいるようです。そのせいで、仕事などで必要に迫られたときには、もう一度スタートさせるものの、一段と苦痛に感じられてしまうことも…。
誰もが英語を話す時代に、自分には不向きだと決めつけて、英語学習自体をやめてしまっては勿体ないです。これまで費やしてきたお金や時間だけでなく、せっかくの学ぼうという気持ちが無駄になってしまいます。
挫折や失敗は、いい経験をしたと思うように前向きに捉え、出来るだけその時に向き合って清算しておきましょう。